宅配水 賞味期限

宅配水の賞味期限について

宅配水の賞味期限について

 

ウォーターサーバーには、ガロンタイプなど大きな水のボトルが設置されていますよね。水を使う際には、このボトルの水がサーバーに貯蓄され、利用することになります。

 

ご家族が多い家庭では、すぐに水ボトル1本を使い切ってしまうと思いますが、一人暮らしの場合や夫婦二人での生活の場合には、「あまり、本数は必要ない」と思っている方もいるでしょう。そして、そんな方の中には「あの水ボトルって、どのくらい持つのだろう?」とちょっと気になるところですよね。

 

ウォーターサーバーに設置する水ボトルの賞味期限についてですが、ウォーターサーバー設置後には、業者によっては毎月1本、2本が定期的に届けられるところもあります。

 

そのため、「飲みきれなかった水が、どんどん貯まってしまう」ということもあるでしょう。そうなると、「この水は、まだ飲めるだろうか?」と不安になりますよね。

 

一般的には、ウォーターサーバー用の水ボトルは、未開封であれば数カ月から1年は保存が可能となっています。しかし、開封してしまった場合には、賞味期限は短くなります。

 

出来れば、開封したボトルは数週間で飲みきることが理想的。ウォーターサーバーで用いられている水は、水道水の様に塩素処理などはされていませんから、雑菌にも弱いため、早めに飲みきることが必要となります。

 

このように、ウォーターサーバーに設置される水ボトルの賞味期限は、開封されているか、未開封の状態かによって変わってきます。業者によっても違ってきますし、天然水、RO水などお水の種類でも違ってきます。ウォーターサーバーのレンタルするとき、宅配水を申し込むときに疑問があれば効いてみるのもいいでしょう。

 

雑菌の繁殖には注意

 

 

安全な水を取り入れるためだけに、ウォーターサーバーを設置した方もいると思います。ウォーターサーバーを設置すれば、いつでも美味しくて、安全な水が飲めると安心している方も多いでしょう。

 

しかし、ウォーターサーバーを利用する際には、サーバーの衛生面に気を付ける必要があります。サーバーのお手入れを一切行っていなければ、雑菌が繁殖してしまうこともありますから注意が必要です。

 

ウォーターサーバーに利用する、お水はボトルに密閉されて入っていますから、「衛生的」と思って、そのほかの事には注意を払わない場合があります。

 

注意が必要なのは蛇口部分で、サーバーから水を出す時には、必ず蛇口部分から空気に触れることになりますから、この部分に雑菌が付着して、増殖してしまう可能性があります。

 

常に、安全な水を利用するためには、サーバーのお手入れが欠かせないということを忘れないようにしましょう。あちこちに雑菌などが浮遊していますし、人の手からも媒介されるウイルスや菌などもありますから、これらが触れないように気を付けることが必要です。

 

また、水ボトルを交換する際には、注ぎ口などを綺麗に拭き取ってから交換するようにしましょう。交換の際には、どうしてもボトルの口が空気に触れることになりますから、交換時にも注意が必要となります。

 

そうはいっても特別警戒する必要はありません。ウォーターサーバーは安全な水が飲めるものですし、お手入れの時に手を洗っておけばさらに安心という程度です。


無料ウォーターサーバー