水道水 安全?危険?

水道水は安全なの?

一昔前の日本の水道水は、世界で一番安全と言われ殺菌処理をしなくても直接飲むことが出来ると注目されていた時代がありました。

 

ですが、現在では産業の発展や時代の変化と共に人体に有害となる物質が含まれるようになり、カビやカルキ臭といった匂いや、残留塩素や赤さびの危険性などから水道水を直接飲むということが不安視される時代になってしまいました。

 

 

 

何故、このような事態になってしまったのかというと、理由のひとつに「おいしさ」よりも「安全性」を重視した品質管理体制になってしまったからと言えます。

 

家庭の蛇口から出ている水道水は、蛇口から出る前に様々な病原体や細菌などを除去するために塩素で消毒されています。

 

その塩素により水道水の安全性が保たれているといっても過言ではありません。しかし、塩素も人体には強い毒性があると言われ危険視されています。

 

いかに水道水に含まれる塩素量が監視されているとしても、万が一ということを考えるととても不安になりますよね。

 

 

 

また、水道水には塩素の他に「トリハロメタン」という人体にとってとても有害だとされる物資も含まれているという指摘もあり、そのため健康を気にする人達は、直接水道水を飲まなくなり、ペットボトルの水を利用したり浄水器を利用している方が多いのが現状です。

 

こういったことから、日々利用している水道水は、健康管理に気をつける上でも重要なものといえます。

 

最近ではゴミや廃棄物を処理している土壌からも安全基準の何十倍ものヒ素などの有害物質が検出されるなど、水道水だけでなく人体に有害とされる物質が身近なところでも増えつつあるため注意が必要です。

 

ウォーターサーバーをレンタルして宅配されてくるお水というのは、天然のお水と不純物を完全に取り除いた純水とにわかれますが、どちらも水質管理を徹底しているので水道水よりも安心して飲めます。


無料ウォーターサーバー