ウォーターサーバー 利用料金

ウォーターサーバーの利用料金ってどのくらい?

ウォーターサーバーの利用料金ってどのくらい?

 

ご家庭にウォーターサーバーを導入する際、一番気になるのは月々どれくらいお金がかかるのかという料金の点ではないでしょうか。一度設置したものの、毎月の費用がつらくてすぐに解約するなんて、いやな気分になりますよね。

 

基本的に必要となる料金を挙げると、電気代や水のタンク代、ウォーターサーバーのレンタル料、メンテナンス料というものが主に必要な費用となります。

 

電気代や毎月の配達されてくるお水の代金は削ることはできませんが、ウォーターサーバー本体のレンタル料金は無料のことがほとんどです。有料の場合でも500円〜1000円程度と安価になっています。

 

そして、ウォーターサーバーを安全に使用するためのメンテナンスも自分でできるタイプなら無料になります。フレシャスの場合はメンテナンスが自分でできるタイプなのでコストが低く抑えられます。⇒フレシャスについて

 

電気ポット並みの電気代

 

ウォーターサーバーは、電気が動力となり冷水や熱湯を作り出しているため、基本的に24時間稼働していることになります。実際にウォーターサーバーの電気代はどのくらいかかるものなのか気になりますね。

 

電気代は契約するサービス会社の製品の種類やサイズなどで違いがあり、平均的には月々1,000円前後が相場のようです。

 

ウォーターサーバーの料金比較として電気ポットが挙げられたりしますが、電気ポットもお湯を沸かしたり保温機能を毎日使用すれば、大体1.000円程度の電気代がかかると言われているので、ウォーターサーバーとほぼ同じくらいの電気代と言えます。

 

ですが、電気ポットはお湯を沸かすことが出来ても冷水を作ることは出来ません。その点を踏まえると同じ電気代で冷水と熱湯がすぐに使えるウォーターサーバーの方がお得で便秘ですよね。

 

電気代の他にかかる水が入ったタンクの料金ですが、これは毎月(隔月など)の注文する水の種類や量で異なってきます。よりおいしい水やこだわった水を頼むと費用は若干高くなります。

 

採水地でも異なりますが、比較的安いお水にRO水というものがあります。純水といわれるもので、雑菌からミネラルまでを完全に取り除いてあります。

 

このRO水は安価ですが天然水ではないので、健康にミネラルを生かしたいという場合には役立ちません。しかし、ミネラルの摂取量を制限される幼児や赤ちゃん、ペットには最適なお水となっています。