水の硬度

軟水、硬水・・・?水の硬度ってなに?

水の硬度とは、水分中に含まれているカルシウムやマグネシウムの量のことを言います。

 

アメリカ硬度、フランス硬度、ドイツ硬度、イギリス硬度など、

 

様々な計算法があり日本では戦前はドイツ硬度で計算されていましたが、

 

戦後はアメリカ硬度を用いるようになりました。

 

 

 

その硬度の数値により「軟水」「硬水」という名称で区別されています。

 

ミネラル分が0〜60未満の水を軟水、120〜180未満が硬水とされ、

 

ヨーロッパの水のほとんどは硬水であり、日本の水は軟水が多いと言われています。

 

 

 

日本人には硬水はあまり好まれないと言われていますが、

 

最近では健康のため、美容のためと硬水を好んで飲む女性も増えています。

 

 

 

有名なミネラルウォーターを挙げると「エビアン」や「ヴィッテル」などが

 

硬度300を超える非常な硬水と呼ばれるもので、

 

「ボルヴィック」は硬度が50〜60となっているので軟水です。

 

 

 

軟水は赤ちゃんのミルクを作ったり、お茶などを飲むにも適しています。

 

硬水は、ミネラル成分が多いためミネラルの補給などに適していて、

 

少し苦いと感じることもあるようですが、よく冷やすことで飲みやすくなるようです。

 

 

 

また、肩こりや目の疲れの予防には硬水が効果的と言われています。

 

これは、体の中に乳酸が溜まるために起こる症状であり、

 

硬水に含まれるミネラル成分が疲労物質を中和してくれるからです。

 

 

 

硬水を飲むことにより血液の巡りが良くなるので、

 

より硬度の高い水を飲むと効果的なのです。

 

 

 

逆にドライアイの方には軟水が効果的と言われています。

 

摂取した軟水は、そのまま涙として目を潤す効果があるからです。

 

健康効果を得るためには、症状に合った水を飲むようにしましょう。

 

 

おいしい軟水はフレシャスで!


無料ウォーターサーバー