人体と水

人体と水について

人間の体は成人の場合、約60〜70%が水で出来ていると言われています。

 

これが赤ちゃんになると約80%が水分で構成されていると言われています。

 

このことからも解るように人間にとって「水」は、とても身近で大切なものなのです。

 

 

 

水分は、摂取しすぎても不足しても体に何らかの異常が起こり得る可能性があります。

 

摂取しすぎると低ナトリウム血症になり、頭痛などを引き起こす原因となります。

 

 

 

また、水分が足りなくなると(脱水症状)眠気や脱力感を感じるようになり、

 

めまいや頭痛と言った症状を引き起こす原因となります。

 

 

 

 

脱水症状になってしまった場合の対策として、

 

スポーツドリンクを飲むと言う行為は間違った対処方法です。

 

これは、ドリンクに含まれるナトリウム濃度が低いため、

 

低ナトリウム血症を引き起こし、水中毒になる危険がありますので絶対にやめましょう。

 

 

 

特に脱水症状を起こした乳幼児に間違った対処法を施すと大変危険なので、

 

その場合は医療機関で点滴による水分補給を行った方が安全です。

 

また、水分の不足は血液を濁らせ血栓が出来やすい原因となる恐れがあります。

 

 

 

このように生命の維持し、健康な体を保つには良質の水分補給は必須です。

 

赤ちゃんに与える水は時に配慮が必要です。

 

人間が生きていく上で水は欠かせません。

 

 

 

もし、1週間もの間まったく水分を摂取しなければ人間は死に至ります。

 

朝起きたとき、食事中に、汗をかいた時、お風呂上りなど、

 

こまめに水分摂取をすることが健康維持に繋がります。

 

定期的に摂取する習慣をつけ、体調のバランスを整えていくことが大切です。

 

健康にいい!?おいしい水を宅配するならコチラ


無料ウォーターサーバー