ミネラルウォーター

ミネラルウォーターとは、一般的には地下水を原水としたお水で、その原水の成分調整を行っていないものが「ナチュラルウォーター」などと呼ばれるものです。原水が地下水でない水は「ボトルウォーター」と呼ばれています。

 

国内で生産されているミネラルウォーターでは、山梨県が日本一の摂取量となっています。

 

 

 

欧米では飲料水として使用される水道水には、カルシウムやマグネシウムが多く含まれています。そのため、硬度が高いので味が美味しくない、鍋ややかんなどで沸騰させると内側に結晶が付着してしまうため、ミネラルウォーターの販売が広まっていきました。

 

欧米では、原水に「炭酸」が含まれているお水も多くあり、炭酸水をミネラルウォーターということも多いようです。反対に炭酸が入っていない無炭酸の水はスティルウォーターと呼ばれています。

 

 

 

日本でも水道管のサビ、塩素臭や体に有害とされるトリハロメタンなどの水質の問題から、健康を気にする方も増え、ミネラルウォーターを購入して愛飲している方も多いようです。

 

また、最近では水に含まれる「バナジウム」という成分が糖尿病抑制に効果があると注目を集めています。

 

このバナジウムを含むミネラルウォーターは、健康食品のひとつとして販売している店舗も少なくありません。無料レンタルできるウォーターサーバーではフレシャスクリティアなどでバナジウムを含むお水を宅配してもらうことができます。

 

 

 

たくさん飲んだ方が健康になれるような気がしますが、それは間違いで体内で必要な水分量というものがあります。その量を超えてお水を飲むと「むくみ」などの症状が現れるだけでなく、水中毒などになる恐れもあるため飲み過ぎには注意が必要です。

 

バナジウムが入っていない普通のミネラルウォーターでも、水道水でも適度の量を飲むようにしましょう。

 


無料ウォーターサーバー