ウォーターサーバー 機能

ウォーターサーバーの機能について

ほとんどのウォーターサーバーに共通して使用することの出来る機能、それが冷水と温水を即座に作り出す機能です。この仕組みが、一体どのような仕組みになっているのか気になった事はありませんか?

 

ウォーターサーバーの冷水、温水機能について少し調べてみました。あまり知りたい方もいないかもしれませんけれど一応掲載しておきますね。

 

 

 

温水を作る機能は、一般的に電気ポットなどと同じでサーバーの温水タンクの中に取り付けられている金属の棒のようなものを加熱することで水が熱くなり、温水が出来ると言う仕組みです。

 

そして、電気ポットと同様にお湯の温度を保つことも出来ます。それでは、冷水を作る機能はどのようになっているのかというと、これも冷蔵庫やビールサーバーなどと同じような仕組みになっているのです。

 

ウォーターサーバーの冷水機能には、主に2種類に分けられ場合が多く、まずコンプレッサーで冷やす方法では、冷蔵庫などと同様の冷却方法で外周に冷媒配管を通して、コンプレッサーを使って循環させた冷媒を流し込むことで冷たい水になる仕組みです。

 

 

 

コンプレッサーを用いた方法では、短時間で水を冷やせるという点がメリットとなります。もうひとつ電気で冷やす方法があります。これはペルチェ素材と言うものに電気を流すことで冷却作用が働くという原理を利用した方法で、消費電力は低いのですが冷却するまでに時間がかかるという点から主に家庭用に使用されることが多いようです。

 

どちらの方法であっても気になる電気代は、一般的な家庭用のウォーターサーバーであれば一か月1,000円程度のものが多いようです。


無料ウォーターサーバー